SSブログ

小川糸著 ようこそ、ちきゅう食堂へ [ブックデザイン]

隔月刊誌パピルス幻冬舎)で連載していた
作家 小川糸さんのエッセイを一冊にまとめた
ようこそ、ちきゅう食堂へ

食べること、生きることに真摯に取り組む
『料理の神様の愛弟子』たちとの
おいしい出会いをもとめて、食堂を巡る旅のお話しです。

沖縄の島々の食堂、青森のリンゴ畑、世田谷の養蜂所や農園、
長瀞の天然氷などなど日本各地へ足を運び、
果てはモンゴル遊牧民への2度に渡るホームステイへ。
そこでのあたたかな人との交流、食事の様子が
尊敬と愛情を込めて紹介されています。

ブックデザインを担当することになり
さっそく届いた原稿を読み進めるにつれ
おなかがぐぅーっと鳴り
食べ物の買い出しに行くといった調子でした。

カバーは、日々のスケッチをもとに風景を描く
画家の津上みゆきさんにお願いしました。
この作品は、津上さんとエディション・ワークス
アワガミファクトリーとの共同企画による
連作木版「View-endless knot, 09」の中の1点です。

chikyu.jpg

Works更新しました [NEWS]

昨年の冬から4月までの主な仕事をWorksにアップしました。

書籍は、
リー・フェイバー著「イギリスのおばあちゃんの知恵袋」阪急コミュニケーションズ
小川糸著「ようこそ、ちきゅう食堂へ」幻冬舎
カノウユミコ著「菜菜おつまみ」柴田書店
オーボンヴュータン河田勝彦「古くて新しいフランス菓子」NHK出版
緋宮栞那著「武士の食卓」幻冬舎
など。

他に、
映画「SPRING FEVER」UPLINK
広報誌「スパイラルペーパーNo.127
パンフレット「フロアガイド」 スパイラル/ワコールアートセンター
CD、パンフレット トータス松本「マイウェイ ハイウェイ

画像をクリックすると、
中のページが見られるものもあります。
ぜひご覧ください。

それぞれの仕事については
またあらためてご紹介いたします。

東日本大震災から1ヶ月

この度の震災で亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りいたします。
そしてご遺族の深い悲しみが、少しでも癒えますように。
余震と、たくさんの不安が一刻も早く収束し
被災されたみなさまが温かく落ち着いた環境で
身体と心を休めていただけることを願うばかりです。

3月11日から今日まで
これまで体験したことのない長い長いひと月でした。
未だ続く余震のニュースに心が痛みます。
「これから」に明るい光を見出すために
いま私達にできることを考え、探し活動をしていきたいと
思います。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます