SSブログ
アート ブログトップ

スパイラル芸能の宴2013 花方 第1章「星逢いの宴」  [アート]

スパイラルホールを青山亭と称し、
作家の岩下尚史さんがその主人となって
日本の伝承芸能の次代を担う芸も姿も見目麗しい
ハナガタとともに芸とトークを展開する、
スパイラルの新しいパフォーミングアーツのイベント
「花方(はながた)」がスタートしました。

目利きの主人が招くのは
いけばな、舞踊、浄瑠璃など日本古来からの芸能を継承する
美しくも才能あふれる若手たち。
このスリリングな競演は
初めて伝承芸能に触れる方にもきっと楽しめるはずです。

イットイズデザインは3月に開催した序章「花の宴」と、
今回の第一章「星逢いの宴」の
グラフィックデザインを担当しました。

今回は画家の谷口広樹さんによる
描きおろしです。

印刷は望月印刷さん。
表はゴールド、ブラックと紺の特色3色を使っています。
複雑に色を重ねての印刷で深みを出し美しく仕上げてもらいました。

hanagata.jpg

共通テーマ:趣味・カルチャー

クレマチスの丘リーフレット [アート]

品川駅から新幹線ひかりで約40分、三島駅へ。
駅前からシャトルバスに乗ってしばらくするとクレマチスの丘へ到着します。

2000株ものクレマチスが開花する庭園と、そこに隣接するヴァンジ彫刻庭園美術館、
世界一のビュフェコレクションを誇るベルナール・ビュフェ美術館、
井上靖文学館や、アーティスト杉本博司さんが内装・坪庭を
手がけたことでも話題のIZU PHOTO MUSEUMと、
クレマチスの丘はみどころたくさんです。

定期的に現代アートの企画展も開催していて、
今年のゴールデンウィークは現代美術家のさとうりささんが
庭園に大量のチューリップの花で作った大きなカーペットと
立体作品を展示し、多いに盛り上がったそうです。

そして、海の幸、山の幸ともに豊富な
地元・静岡の食材を使った“食”も見逃せません。
予約がとりにくい人気のリストランテ プリマヴェーラや、日本料理 tessenなどなど、
三島エリア屈指の食スポットでもあります。

豊かな緑の中で、おいしい食事と充実の美術館。
うっかり時が経つのを忘れてしまいそうな
都会暮らしにくたびれ気味の人にはうってつけの
とにかくきもちのいい場所です。

ということで、クレマチスの丘のもりだくさんのみどころを
写真で紹介するリーフレットを制作しました。
クレマチスの開花状況や、山の天候を気にしながら、
一年をまたいでの撮影の末、無事完成。
写真家、齋藤亮一さんの撮りおろしです。
そして食もアートも詳しいカワイイファクトリー中山真理さんに
テキストを依頼しました。

プリマヴェーラ黒羽シェフの興味深い食材のお話や
tessenの日本酒やワインの豊富なラインナップについて
ビュフェとの深い交流のこと、ヴァンジの新作についてなど
たくさん伺った面白いお話は、またあらためてご紹介したいと思います。

美術館はそれぞれ非常に個性的な空間で、
その広がり感と多彩さを伝えるべくページを構成しました。
展開のイメージはWorks欄に近々アップしますのでぜひご覧ください。

clematis.jpg

共通テーマ:アート

廣瀬智央 Bluebox [アート]

イタリア・ミラノ在住のアーティスト、廣瀬智央さんから封書が届きました。

これは廣瀬さんの作品「Bluebox」をコレクションしている人へ
ある日、廣瀬さんから空のオリジナル リバーサルフィルムが届き
コレクションに加えていく、作家とコレクターが時間を共有する
アートプロジェクトの一貫です。

Blue boxには
廣瀬さんが撮影した様々な国の空の写真集、
青色顔料であるラピスラズリ粉末、
コラージュやドローイング、
実際に使用した航空券などなど
たくさんの“空”の断片が詰まっています。
今日は久しぶりにboxを開けて
送られてきた“空”の断片=フィルムを加えました。

日々の生活の中に思いがけず届いたエアメールから
送り手、その国へと思いをはせる
そんな得難い時間を一緒に受け取りました。

h1.jpg

h2.jpg

共通テーマ:アート
アート ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます